インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。
上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。
高い技量をもつ歯科を選ぶといいでしょう。インターネットのレビューなども参考になります。入れ歯で食べることに抵抗がある、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にインプラント治療がすすめられるでしょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。
人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、この治療の良さでもあります。
隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなくて、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。残念ながら、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除はうけられるので、おぼえておきましょう。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなくて、個人で確定申告(誤りなどがある場合には、修正申告や更正の請求が必要になります)をして治療費を収入から引くことができます。
確定申告(誤りなどがある場合には、修正申告や更正の請求が必要になります)を行うときには、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してちょうだい。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクはあります。インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などというインプラント本体の損傷、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。
リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯医者さんを選ぶようにしましょう。
最近よくきくようになったインプラント。差し歯とはどうちがうのか見てみましょう。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
当然、歯が全く残っていない状態では、利用することは不可能です。さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントという名前のパーツで土台と人工歯を接続するものです。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも施術が可能なのがインプラントの特性ということになります。一般的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるワケです。